中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 公立校

公立校

公立中学校のことについて、少し調べてみましょう。ご存知のように、日本の憲法では中学校までは義務教育です。義務教育とは、国民の三大義務のひとつ。

日本国憲法第26条 教育の義務
日本国憲法第27条 勤労の義務
日本国憲法第30条 納税の義務

それこそ「義務教育」の中で習っているはずですよね。

ところがこの憲法第26条、割合、勘違いしやすいのですが、子供が、教育を受ける義務ではなくて大人が、教育を受けさせる義務です。

義務とは、人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務めのことです。対義語が「権利」権利とは、ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力のこと。

つまり、日本国憲法では、大人に対して教育の義務を、子供に対して教育の権利を、定めているのです。

★★★

義務教育の期間は、小学校6年間+中学校3年間の合計9年間と決められていますが、この義務教育、さらに深く解釈すると、「学校に行かせなければならない」とは決められていません。親は、教育を与えればよいので、塾でも、家庭教師でも、親が教える方法でも、年齢に沿った学習内容を与えればよいのです。

ですから、中学校までは学校にいかなくても、卒業できます。

一般的には、学校に通わせます。私立でも公立でも構わないのです。教育とは、勉学だけではなく、人間関係や社会性を身に付けることもまた大切なことですから。

また子供も、教育を受ける権利を持っているので、何らかの事情で学校に行けない子供たちでも、学習はしなければなりません。

私立中学校を考えるテーマからすると、余談でしたが。
しかし、子供に何かの事情があって、どうしても、体が外に向かなかったとき、知識のどこかに、学校に行くとだけが教育ではないのだと知っておくことも、必要かもしれません。

★★★

公立学校とは、地方公共団体が設立した学校で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公立大学などがあります。市立中学校とか、県立高校ですね。

文部科学省の指導で、各地方の教育委員会が管理します。公の機関のため、特定の宗教教育を行うことができず、また国の定めた学習指導要綱に準拠した教育を行わなければなりません。

義務教育の小学校、中学校は、決められた地区の学校に通わなければなりません。入学試験はなく、住民票と連動しているため、学齢に達して住民登録がしてあると、地方公共団体から就学通知があり、入学許可されます。義務教育ではない幼稚園や高校は、入学するのに審査のある場合があります。

その他、公立には国立学校も含まれます。
国立は、公立の中でも事情が特殊で、数が少なく、国立大学に付属している場合が多いため、教育内容も高度で難易度が高いのが実情です。

関連エントリー