中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 日本は英語教育にもっと力をいれるべき

日本は英語教育にもっと力をいれるべき

" 私が、日本の英語教育について考えることは、もっともっと徹底して小さい頃から英語を教えていくべきだと私は思っています。

 今は、先進国に限らずどの国であっても国際社会に通用するような人材を育てることに必死で、まさにその競争はとても激化していると言えます。

 そこで日本の英語教育を振り返ってみると、やはり他国と比べてちょっと出遅れた印象があることは否めないと思います。日本は、まだそういった国際社会を意識した教育というのが浸透していないのか、そこまで熱心に英語を教えるという風潮はありません。

 ですので、英語を特別に早く覚えさせたいと親が考えない限りには、なかなか子どもが英語の教育をきちんと受ける機会はないと思います。

 それでは、諸外国と比べて遅れをとるばかりですので、決してそれが良いことだとは私はとうてい思うことができません。

 ですので、これからはもっともっと英語の教育に力をいれて、国際社会に通用する人材を育てていくべきだと私は思っています。"

関連エントリー