中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 英語の問題は国語の問題でもある

英語の問題は国語の問題でもある

"日本の英語教育は文法重視の詰め込みだとか、喋れるようにならないとか、色々な意見がありますが、座学中心・ペーパー試験ありで数年間なんとなく習う仕組みである以上、そうならざるを得ないところはあると思います。

しかしそれならそれでメリットがないわけではなくて、ある程度の語彙を持ち文法の通りに「読める」ことはとても重要な能力です。
情報を扱う時、日常生活は音声ベース(会話中心)かも知れませんが、色々な情報収集や手続き等は文字ベース(読み書き中心)にどうしてもなるでしょう。
喋れるようにならないから今の教育がダメということはなくて、たとえ喋れなくても少しは読める子を学校が生み出すことができれば、それは充分な成果だと思っています。

また、外国語であっても文章や語を取り扱うのですから、根本のところではやはり柔軟な国語力が必須なのではないかと思います。
慣れてくると、日本語の中での言い換えと、和文英訳・英文和訳とは、どこか似通った感じがしてくるのです。
第一、英単語をたくさん覚えようとしても、母語の日本語で意味が分からなければただ綴りと音を覚えるだけで、作文に使ったり文章中で意味を取ったりすることはできません。
英語学習のベースには幅広い日本語経験が必要なのではないかと思います。"

関連エントリー