中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 塾通いの秘訣

塾通いの秘訣

塾の利用にはおもに二つの意味があります。

・補習塾
・進学塾 です。

学校の授業がきちんと理解できている子供が上を目指して通うのは、受験するしないは別として、ほとんど進学塾です。学校のカリキュラムに入ってないことを習うため、かなり高度で、受講している子供にもそれなりの難しさを学習しているんだというプライドが植え付けられたす。

進学塾のメリットは、学習習慣がつくという点です。ほとんどの場合、塾の授業だけでは習得できず、補講や宿題、家庭学習などを日常的に重ねながら、学力を向上させていきます。

補習塾の場合、比較的、勉強苦手な子が学校の授業のフォローとして通うため、通塾で理解ができれば満足するという傾向があるようです。

つまり、塾は学習するためのひとつのアイテムであって、使いこなせなければ意味がないということです。

受験期を乗り越えると、塾はいろいろな幅があります。社会人になっても、習得したい技術の学校、資格試験のための専門学校など学習したい内容がたくさん出てきます。その時に、どのように塾を使えば効率的なのか、いろいろ考えることができるでしょう。

関連エントリー