中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 公立校のメリット・デメリット

公立校のメリット・デメリット

★公立校のメリットについて

※入学試験なしに入れる地域の学校。国立校は、
特殊なため学費の点を除くと私立の傾向。

・地域に根差した教育環境。
   ↓
地元での交友関係が広がる。
住環境への愛着、地元への理解、協力。

・通学に時間がかからない。  
   ↓
通学経路の安心感。
通学費用がかからない。

・幅広い世帯の子供が集まる
   ↓
色々な環境の子供がいるため、バランス感覚が育つ。
協調性や人間性を学ぶ。

・子供の喧嘩や多少の問題は、子供同士で解決。
・私立校に比べるとPTAの活動が少ない。
・授業料が安い。
・勉強での競争が少ない。
・保護者の参加できる行事が多い。

★公立校のデメリットについて

・学力低下の心配。
・学区により、学習レベルに差が出る。
・風紀が乱れやすい
   ↓
学級崩壊の危険性
 
・幅広い世帯の子供が集まる
   ↓
学習面での差が大きい。
学習環境を整えられない。
生活面でのトラブルが多い。

・教師を選べない
   ↓
私立校はほとんど転勤もなく、その科目のスペシャリストがそろっているが、
公立校は、移動もあり、個々の教師の指導能力に差がある。

関連エントリー