中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 私立校のメリット・デメリット

私立校のメリット・デメリット

私立校のメリットについて考えてみましょう

・学力をあげたい。
   ↓
入学試験により学力の差が少ないので、授業の進度が良いはず。小学校時代(思春期を迎えるまでに)の受験勉強により、学習習慣が身につく。受験に対する目的意識がはっきりしている。

・特色のある学校を選ぶことができる。
   ↓
独自の学習カリキュラムがある。指導方針が一貫している。学業以外に得るものがある。

・6年制のメリットを生かしたい
   ↓
学習計画がしっかりしている。高校受験の心配が少ない。学受験に向かって準備ができる。
 

・学習環境が整っている
   ↓
運動施設の充実。図書館の充実。立地条件がよい。(交通の便が良い、自然豊かな場所にあるなど、学校の特色にもなっている)

・学校のカラーがあり、生徒のタイプが似ている。
   ↓ 
友達をつくりやすい。落ち着いた環境でいじめが少ない。

・ブランド価値
   ↓
卒業後の人間関係のつながり

・勉学以外の事柄に集中できる。
   ↓
スポーツ特待芸術の学習学校独自の課外活動カリキュラム

・個人の特殊事情によって臨機応変の対応が可能。
   ↓
帰国子女の受け入れ。体調不良、病気がちな子供の進学。

・親の職業が特殊な場合。
   ↓
医者や弁護士など、高収入高学歴のの子供が、公立で逆差別に遭うこともある。

・しつけが行き届いている。 
・公立に進み塾に通わせると、結局同じぐらいの金額がかかる。
・友人、知人が私立校に進んでいて、メリットを感じるから。   
・公共交通機関を利用することで、マナーを覚える。
・通学時間がかかることで、時間の使い方を工夫し規則正しい生活を送る。

★私立校のデメリットについて

・お金がかかる。一般的に、公立校の10倍と言われる。
・受験勉強するために、遊ぶ時間や趣味の時間が削られる。
・他の習いごとに打ち込みにくい。
・勉強ができること = いいことだ という偏見を持ちやすい。
・大学受験に関して、浪人することが前提にないため、プレッシャーがかかりやすい
・詰め込み勉強させすぎると、実体験より知識の方が豊富になり、正確に偏りができる。
・保護者の口出しが多い。
   ↓
運営は学校主体だが、PTA活動が盛んなところが多い。
付属幼稚園、小学校があるところは、子供の教育熱心な親が多く、
学費など支払うお金に乗じて、親の口出しも多いと言われる。
先生の抗議や子供の問題が、大きな問題に発展しやすい。

・通学に時間がかかる。
   ↓
通学に費用がかかる。
他の習い事や塾に行くと、遊ぶ時間がない。

関連エントリー