中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

トップページ > 私立のメリット・公立のメリット

私立のメリット・公立のメリット

中学校は義務教育ですから、住民登録さえしておけば、居住地の市町村から、公立中学校の入学手続き案内が来ることになります。

公共機関とはいえ、所定の授業料、用品代など、初期費用は幾らか掛かります。私立校を選ぶ人は、選抜受験によって、審査を受けなければなりません。私立校には、独自の教育理念があり、ほとんどが定員を設けているからです。

では、公立中学校にするのか、私立中学校にするのか、その代表的なメリットをまとめてみました。もちろん理由は、各家庭によってさまざまで、代々、某私立校に行ってるとか、私立校の方が近いからなど個人的な理由もあるでしょう。

また、いろいろな理由が、感情的に皆さんに共通のものとは限りませんから、自分に見合う理由を探して、納得できたら良いかなと思います。

塾や雑誌などで、私立校のメリットをとりあげるとき、=中学受験のおすすめ、となっていることがよくあります。

決して「私立がよい = 公立が悪い」という訳ではなく、その子供に合っているか、その子にとってメリットが大きいか、ということをよく考え、判断してあげましょうね。

関連エントリー