中学受験を応援します!お受験のマメ知識

子供の将来のためにも良い学校に入ってほしいですよね。そのためには良い中学校や塾選びが必須となります。

ゆとり教育による学力低下を防ぐ!中学受験を応援します!

ゆとり教育の影響で子どもの学歴低下の危機!自分の子供を私立の中学校に進学してもらいたいと考える方も増えました。子供たちに中学受験は本当に必要なのか?進学塾、家庭教師、通信教育など数ある中からどんな勉強方法が良いのか?親と子供が二人三脚でお受験合格に立ち向かうための注意点とアドバイス。

当サイトの項目一覧となります

中学校は選ぶのです
中学校は選ぶのです いわゆる男子御三家(開成、麻布、武蔵)、女子御三家(雙葉、女子学院、桜蔭)の合格発表風景をニュースで見たことがあるのではないでしょうか?自分の子供が近い年頃だと、関係ないと思いつつも、緊張感が高まっていることを感じることがあるので ・・・詳しくはコチラ
高学年の子育て
高学年の子育て 子育ての方針はご家庭それぞれにありますから、一概にこれは良い、これは悪いと言い切れるものではありません。良い教育を与えたいと思うこと、学歴社会に乗り込んでいくために、負けない知識を付けさせておきたいと思うこと、子供に負担がかかる ・・・詳しくはコチラ
勉強させます
勉強させます 中学受験だとか、高校大学受験の話をしていますが、学校へ行くって、何のためでしょう。ついつい、学校へ行くことが、勉強の目的となっていませんか?もちろん子供は、まだ社会生活の経験がないし、学校社会が、生活のほとんどを占めているんです ・・・詳しくはコチラ
勉強の種類
勉強の種類 それぞれの勉強方法のメリット・デメリットが理解できたでしょうか。それらを踏まえた上で、ではわが子にはどのタイプが合うのかを的確に判断しなければなりません。片っ端から全部試してみればいいのですが、たいていの塾や家庭教師派遣業者は ・・・詳しくはコチラ
お受験ついでのまめコラム
お受験ついでのまめコラム 塾や家庭教師など学校以外のプラスアルファの勉強させれば勉強ができるようになる、成績が上がると思っていませんか?でも、塾に行っていても、ぼんやり授業を聞いているだけでは本当の力は付きません。幼いころの学校以外の勉強は勉強することに ・・・詳しくはコチラ
データをみてみましょう
データをみてみましょう 「子供を中学受験によって、良い学校に進学して欲しい!」「ゆとり教育の犠牲者にはさせないぞ!」 といっても、やはり立ちふさがるモノは学習塾の費用です。学習塾を受けるための学費は学年ごとにどれぐらい違うのか?中学校でもかかる費用は? ・・・詳しくはコチラ
中学受験を考えたことがある?
中学受験を考えたことがある 上の子供が4年生になりました。お友達のなかで、塾に通う子供が増えてきました。塾にもいろいろあって、学校の授業をフォローするための補習塾、英語やソロバンなど、まったく別の学習をする塾、そしてここで言う噂になってくるのが「進学塾」とは ・・・詳しくはコチラ

英語教材の購入は慎重に

"子供に英会話を習わせたいと思っている親御さんは少なくないですね。
大抵の教材はカリキュラムにのっとって何冊かのセットになっています。
当然、金額も高くなりますね。

個人的に購入して学習する場合もそうですが、教室で習う場合も多いでしょう。
子供向けの英会話教室の場合、入会時にまとめて教材を買わなくてはいけないところもあります。

うちの子の場合もそうでした。
最初にまとめて6年分もの教材を買うシステムでした。
全国に教室展開しているので引っ越しても大丈夫だと説明されました。
そして一貫したカリキュラムだから習得も確実だとのことでした。

子供のためと思って入会し、1年は楽しく通いました。
そして案の定転勤で引っ越しすることになったのです。

でも新しい土地ではそこでの友だち付き合いもあります。
習い事も仲のいい友達と一緒のところが良くなりますね。

結果、高価な教材は無用のものになってしまいました。

子供の場合は環境や興味の変化を考慮して、慎重に選ぶべきですね。"

学習塾で勉強の楽しさを知ってもらう

" 私は、子どもが学習塾に通うことは、とても意味がある良いことだと思っています。

 それはなぜかというと、学校の勉強以外でも学習塾に通わせることによって、子どもにより勉強の楽しさを知ってもらうことができると思うからです。

 正直な話、なかなか学校の勉強だけだと、勉強が楽しいと感じることは少ないと思います。学校の先生も、どうしてもクラス全員のペースに合わせて授業を進行しなければなりませんし、1人の子どもにだけ構うわけにはいかないからです。

 その点、学習塾であるならば、お金を払って通わせているわけですから、より決めの細かい授業というのが期待できます。そして、そういった授業を受けることにより、子どもが勉強をすることの楽しさを知ってもらえば、こちらがあれこれと言わなくても、自然と勉強に対して前向きになってくれると思います。

 さすがに、学習塾でがんじがらめにするのは良くありませんが、適度に通わせるのであれば、それは子どもにとって大きなプラスになると私は思っています。"

社会で一人前になれるだけの素地になる能力

"子供はこれから長い人生を歩むことになります。自分の子供に対しては、自分と同等かそれ以上の学力、それに社会で充分一人前として歩んでいけるだけのコミュニケーション能力や適応力や体力を期待したいです。
今の子供たちが大人になる頃には、今よりももっと就職が難しくなっているかもしれません。そうなると収入を得る方法も限られるでしょうから、それなりに一人で生活していけるだけの能力があることが望ましいと思います。
もちろん、努力によって成長過程で身につけられる能力もあります。ところが先天的な才能というのもとても大きいと思うのです。人間には向き不向きがあります。これは言ってしまえば、持って産まれた能力やセンスによるものでしょう。こればかりは後天的に補うのが難しい部分になってしまうので、自分の子供には、この点であまり苦労することがないように将来に活きてくる能力を備えていて欲しいです。能力さえあれば、後はそれをどう活用するかの問題になってきます。"

子供の成長のために気をつけていること

私には2人の男の子がいます。 この子達の成長のために日頃気を付けている点がいくつかあります。 まず一つ目は、食事です。 野菜をたっぷり使った食事を作るように心がけています。 ただ野菜をたくさん使っても、子供達が食べてくれなければ意味がありませんので、子供達が食べやすい柔らかさや形に切り、薄味を心がけながら作っています。 もちろんお肉、お魚、豆腐など食事のバランスも自己流ですがよく考えながら作っています。 おやつも、出来るだけ手作りで作ったりもしています。 やはり添加物などが入っていない手作りのおやつは安心して食べさせられます。 あとは毎日、牛乳やチーズなどのカルシウムをしっかり摂らせること。 これは子供達の健康健診で保健師の方から、あげるようにアドバイスを頂いたので気を付けています 二つ目に気を付けている事は、本を読む事です。 日中は子供達は保育園に通っているので、保育園が終わってからと寝る前の習慣になっています。 毎月1冊ずつ本を買っているのですが、色々なジャンルに挑戦してみたりしています。 本を読んであげることで、色々な言葉も話せるようになるし、色々な物に興味を持ってくれるようになったと思います。 子供達が「ママ~これ読んで」と本を持って来て、私の隣にちょこんっと座る仕草もとても可愛いのです。 三つ目に気を付けている事は、あまり怒鳴らないことです。 これは誰でもそう思っていると思います。今日は怒鳴らないようにしようと思っていても、イライラしてしまう事もあります。 実は以前の私は怒鳴ってばかりの毎日でした。 危ない事をするし、言う事を聞かないし、その度に怒鳴ってしまう自分がすごく嫌でした。 もちろん子供も私を怖がるようになり、私に気を遣うようになってしまい、これではダメだと思いました。 子供が気を遣う親なんて最低だと思うようになり、それからはイライラして怒鳴りそうになった時は、深呼吸するようにしました。 人それぞれ、教育方針や考え方が違うものです。 自分と子供達に合った、子供も自分自身も成長していけるような楽しい暮らしをしていきたいですね。